21歳独身OLのメス豚体験告白

女性って生まれつきMだと思うんですよね。
私は女性であり、またMでもあるのですがMゆえに彼氏との普通の和姦ではちっとも濡れず、乱暴されたい、エロ漫画のように猥褻な言葉を投げかけられたい、複数の男性に回されてみたいという願望がありました。

実際生活していてもそのような事態が訪れるはずが無く、せいぜい回される想像をしながら自慰を行い平穏に暮らしていたのですが、ある日性欲が溜まり自慰やエロ漫画では満足が行かないな、と思い昔登録をしていた出会い系にアクセスして「今からメス豚をかき回してくれる男性募集中」と書き込みました。
成人男性ならば相手は誰でも良く、特に精力が強い男性を希望し、更に長時間楽しみたいので複数人でも可能、としました。

その中から特に卑猥な言葉を羅列したメールを送ってきてくれた中年の男性を選びアドレス交換をしました。
近所のコンビニで待ち合わせをして一緒に安ホテルに行ったのですが、やはり一人の男性だけだと陵辱感が足りずにそれを口に出すと、男性は「次は友達を連れてきて一緒にメス豚のように遊んであげるよ」と言ってくれました。

三日も経たない内に中年男性からメールが届き、「友達を3人も誘ったからメス豚を可愛がってあげる」と言われ、また以前のコンビニで待ち合わせをしたのですが、パンツレスで来い、との命令でミニスカの下は何も履かずに行きました。
以前の男性がコンビニに入ってきて声を掛け、コンビニの外に出ると友達らしき20代から40代くらいの男性が立っており、にこにこしながら話しかけてきてちょっと卑猥な話もしつつ、大勢だと安ホテルに入れないから、と一人の男性の汚いアパートまで連れて行かれました。
男性達は「レンタルメス豚可愛い」とか、穴兄弟、携帯便器、生最高、とかはしゃぎながら私を回したのですが下品な男性の様子に今までで最高に濡れてしまい、癖になってしまった今ではメス豚として色々な男性にレンタルされています。

29歳独身男性デザイナーのmixiでの出会い

私が20代の前半であった頃、専門学校を卒業し、
都内のグラフィックデザインの会社で見習いをしていた時期に、
世間ではまだSNSのmixiが流行していました。
そのため、アクティブユーザーもそれなりに多く、特に都内には沢山のユーザーがいたように思えます。
異性との出会いの場として活用しているユーザーも多く、
当時、都内で毎週のように開催されていた「オフ会」にも沢山の人が集まりました。
オフ会といいますと、同じような趣味を持つ方同士が集まって談笑するようなイメージがありますが、
私が参加していたのは、主に男女の出会いを目的とした社会人の交流パーティーのようなものが殆どでした。

沢山のオフ会で色々な方と出会いましたが、私が特に覚えているのは池袋のカフェバーで開催されたオフ会です。
バーカウンターのある割と狭いお店で、恐らく30人ほどの男女が、
席移動自由で飲み放題のお酒を飲みながら交流するという内容でした。
私は当時あまり口数の多い方ではなく、女性との会話にも自信が無かったのですが、何人かの女性と話しをし、
割と好感触を得たように思えました。

カフェバーでの飲み会が終わり、小雨が降る中店の外で幹事の方が2次会に参加する人を募っていた際に、
傘をさす私の傘にスッと入ってきた女性がいました。恐らく一次会で話をした女性だと思うのですが、
顔が私の好みのタイプであったため、私は内心とても喜びました。

幹事の方がグダグダしている間に私とその女性は2人で別のバーか何かで2次会をしようという話になり、
二人で楽しく飲みました。後日その女性とは付き合うことになりました。
今思うととてもラッキーであったと私は思います。

伝えたい気持ち