後援者

愛人と契約する
ほぼ、家出同然で東京にきました。私には夢があったからです。
大学卒業後、女優になる夢を捨てきれず、両親の反対を押し切り状況。

でも思ったより現実は厳しく、女優の勉強などできず、バイトに追われる日々でした。
寝る前に、何気なく出会い系サイトをみていた時に彼と出会いました。

会ってみると年上の彼は、父親より年上に見えました。私は女優になるため、家出し上京したこと、
今はバイトに追われ女優の勉強ができないこと。

聞き上手な彼にはなんでも話せました。彼と話していると安心できたのです。
そして何度か会った時に、彼が後援者になると言ってくれたのです。

よく意味がわからなかったのですが、わかりやすく説明してくれ、金銭的な面では援助するから
女優の勉強を頑張りなさい。とそう言ってくれました。

初めは後援者という聞きなれない言葉に戸惑いましたが、
私は、念願の夢が叶うと思うと嬉しくてたまりませんでした。

今は、生活費は彼が出してくれ、女優の勉強だけに没頭することが出来ています。
ようやく夢を叶える1歩く踏み出せたことが嬉しいです。

彼とは体の関係もありますが、初めての経験が彼で良かったと思っています。
後援者なんて、本当にいるんだな…と改めて実感しました。

今はいつか、有名な女優になって、両親を安心させ、そして、後援者である彼に
喜んでもらえるように、頑張ろうと思っています。

女優を目指す私にとって、この経験は必ず生きると思っています。
お手当