カテゴリー別アーカイブ: 日々の出来事

男友達

童貞 セフレの作り方
私にはエッチもする男友達がいます。もともとはそんな付き合いではなかったのですが、一緒に遊んだり
買い物に行ったりしている内に、エッチする関係になってしまいました。
エッチする前もした後も、お互いに恋愛感情はありません。本当にいい男友達なんです。
彼の年齢は私の1つ下で、高校進学で離れ離れになってしまいましたが、中学からの友達です。
今はそれぞれ結婚もして子どももいます。私の主人とも数回会っていますし、私も彼の奥さんに何回か
会ったことがあります。彼と2人で食事やカラオケに行くと言っても、主人はいつも何も言わずむしろ
楽しんでおいで、といって送り出してくれますし、お互いに年賀状も送り合っている公認の仲です。
もちろん、エッチをしていることはどちらの家庭にも内緒のことです。彼と遊びに行くときは決まって
夜遅くからのことが多く、子どもを寝かしてから22時頃に出かけ、3時頃に帰宅するのがパターンです。
主人はもちろん寝ていますし、翌朝も何も言いません。男友達の彼とは食事のあとカラオケかマンガ喫茶、
お互いがエッチしたいという気分なら、そのままホテルへ行きます。そして、明け方にそれぞれの家族が
待つ家に帰ります。こんなことをしているのに、何故か罪悪感がありません。それは彼も同じだと言って
いました。あくまでも恋愛感情がなく、食事やカラオケの延長にエッチがあるからか、悪いことをしていると
いう実感がないのです。そして、何事もなかったかのようにそれぞれ過ごしていくのです。
男友達とのエッチはやはり許されないことなのでしょうか。

セフレアプリ

性の奴隷

出会い系サイトの中で知り合うことの出来た20歳の女子大生アユカと出会って1年になります、今では性の奴隷としてセフレ関係を楽しんでいるブライダルプランナーの30歳男性(独身)です。 
前妻と離婚してあとに何の気なしに利用した出会い系サイト、目的は性処理を楽しめるセフレ探しでした。
新しい恋人は面倒だと思えましたので、セックスだけをする関係を構築することが可能な女性との出会いを探してサイト利用しました。

アユカが19歳の時、知り合いましてメール交換をスタートせさてエッナな会話もたくさん楽しんでいきまして、リアルな出会いに持って行くことに成功したのです。
当時のアユカはまだまだ経験が少なくて本当に気持ちのよいセックスを経験していない状態でした。
今でこそ女としての快楽を身につけて性の奴隷としてオマンコからよだれを垂らしている状態ですが、当時は幼くそれを開発していく楽しみがありました。
愛人 出会い
エクスタシーも浅いものであり、はじめての時もわたしの責めにとっても驚いている様子で、長時間愛撫される、弧度を使われるという経験もなかったのです。
前戯だけでも何度も昇天させてあげて、ペニスを挿れてからも様々な体位での挿入の味を覚えさせて繰り返し快楽を味わうことを体に覚えさせていき、すっかりと性の奴隷として性処理道具に成長してくれました。

今でもしっかりと開発された肉体は大変感度もよくなり、かなり深いエクスタシーを楽しんでくれています。
可愛い顔にフェロモンも出てきてますます素敵な女性に成長中の性の奴隷アユカと快楽追求を満喫中です。
絶倫
色情症